乳酸菌が多い食品【食べ物で乳酸菌が多いものどれ??】

2014y02m12d_193242211

乳酸菌を食品から積極的に摂取しようと考える方のために、乳酸菌が多く含まれる食べ物を紹介させていただきます。

乳酸菌には2種類ある

そもそも乳酸菌は大きく2種類に分けることが出来ます。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌は主に乳製品に含まれる乳酸菌の事です。そして植物性乳酸菌は主に発酵食品に含まれる乳酸菌の事です。

では動物性乳酸菌と植物性乳酸菌どちらが良いのでしょうか。乳酸菌と言えばヨーグルトを連想する方も多いと思いますが、実は植物性乳酸菌の方が良いんです。ヨーグルトに含まれるのは動物性乳酸菌ですが、発酵食品に含まれる植物性乳酸菌の方が胃酸に強い腸内まで生きたまま届きやすいのです。

また、日本人は昔から乳製品よりも発酵食品から乳酸菌を摂取してきたので、動物性乳酸菌を摂取するよりも植物性乳酸菌を摂取する方が良いとされています。実際ヨーグルトの動物性乳酸菌が体に合わない方もいますので、そんな場合は植物性乳酸菌を意識的に摂るようにするといいでしょう。

乳酸菌が多い食品とは??

動物性乳酸菌

2014y02m12d_193050148

動物性乳酸菌が多い食品は、ヨーグルト、チーズが代表例です。

ヨーグルトには100ml当たり1億個の乳酸菌が含有されています。比較的多くの乳酸菌を一度に摂ることが出来るため、乳酸菌選びの際にヨーグルトを連想される方が一番多いです。

ヨーグルトにはストレス緩和のカルシウムも含まれていますので、悪玉菌が増えるのを抑える意味でも乳酸菌を摂取する際に人気の食品になっています。また、乳酸菌を摂取するのに理想的な食後にピッタリなデザートですので、効率が良いと言えます。

また、チーズは出来るだけナチュラルチーズを選ぶようにしましょう。チーズには加熱処理されたプロセスチーズよりも加熱処理されていないナチュラルチーズの方が乳酸菌摂取には向いています。

植物性乳酸菌

2014y02m12d_195103945

植物性乳酸菌が多い食品は、キムチ、味噌、ぬか漬け、醤油です。

キムチにはヨーグルトに匹敵するだけの多くの乳酸菌が含まれていますし、動物性乳酸菌と違い胃酸に強く生きたまま腸内に届きやすいので乳酸菌を摂取するのに意外と効果的な食べ物なんです。

また、日本人が昔から長く食べてきた食べ物の味噌にもたくさんの乳酸菌が含まれています。味噌は比較的毎日摂取することが容易な食べ物ですので、毎日摂取には優れています。

コメントを残す