乳酸菌でうつ病も改善!?【整腸作用でセロトニン活性化】

2014y02m12d_192948646

乳酸菌は様々な健康効果を発揮する成分ですが、なんとうつ病改善にも一役買っているのをご存知でしょうか。

乳酸菌でうつ病改善??

乳酸菌はうつ病の方にもお勧めの栄養素です。

そもそもうつ病の方の多くはセロトニン不足の状態にあります。

セロトニンは快感、快楽、幸せを感じるために欠かせない脳内物質であり、セロトニンが不足している状態では精神が不安定になりやすくうつ病の大きな原因とされています。そのため、セロトニン不足を解消することがうつ病改善に良いと言われているのです。

乳酸菌はうつ病の大きな原因であるセロトニン不足を解消する働きがあり、うつ病改善に効果が期待出来ます。

乳酸菌がセロトニンを増やす

セロトニンの90%は腸内に存在します。

そのため、腸内環境が整っていないと正常なセロトニン生成が行われません。

一般的にセロトニンを増やすためにはトリプトファンが多く含まれる食材を摂取するのが良いと言われていますが、トリプトファンをたくさん摂取してもセロトニンを合成するための腸内環境が整っていなければセロトニンは生成されません。

腸内環境が整っていれば、腸内細菌により必要なビタミン合成が行われ精神の安定を図ってくれるセロトニンの生成が行われます。なので、うつ病を改善するためにもセロトニン生成が正常に行われる環境作りに乳酸菌を積極的に摂取するのが良いのです。

乳酸菌でストレスによる悪循環を断ち切る

ストレスを抱えるのが良くない理由の一つに腸内の善玉菌が減ることがあります。

ストレスは腸内の善玉菌を減らしてしまい、腸内に悪玉菌の割合が増えて免疫力が低下したり、便秘や下痢などの体調不良を引き起こしてしまうのです。また、善玉菌が減り腸内環境が悪化することでセロトニン生成が正常に機能せずうつ病が誘発され、さらにそのストレスでうつ病が悪化する悪循環が起こります。

その悪循環を断ち切るためにもストレスにより減ってしまう善玉菌を補う乳酸菌を摂取した方が良いのです。乳酸菌を摂取するこで、減ってしまった善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことが出来ます。そうすることでストレスによる悪循環を断ち切りうつ病改善へと良い方向に向かうことが出来るのです。

現在、強いストレスを抱えている方、うつ病で悩んでいる方は乳酸菌を摂るように心がけてみてください。乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることでうつ病を症状を緩和することが期待出来ますのでね。

コメントを残す