乳酸菌でニキビ解消【便秘による肌の吹き出物を防ぐ】

2014y02m12d_195833924

乳酸菌による整腸効果は女性の肌を綺麗に保つのに効果があり、ニキビの予防・対策にもなります。そこで、今回は乳酸菌とニキビの関係性について解説させていただきます。

乳酸菌でニキビ解消

便秘に悩んでいる方はニキビができやすいです。

便秘だと毒素や老廃物による悪影響でニキビや吹き出物ができてしまうので、腸内環境を改善して便秘解消することがニキビには良いんです。

便秘だと便が腸内に留まり腐敗して悪玉菌が増殖して毒素がどんどん排出されます。さらに排出するべき老廃物も排出されず体内に吸収されてしまうので、毒素や老廃物が血液を通じて全身に流され血行が悪くなり、肌から毒素や老廃物が排出される事で肌に吹き出物ができたり、ニキビができたりするのです。

また、代謝が低下することで肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーも正常に機能しなくなりますので、古い肌が残り新しい肌が生まれず肌荒れの大きな原因となります。

そんな肌のニキビ、吹き出物、ターンオーバーの機能低下を防ぐためにも乳酸菌を摂取して腸内環境を綺麗にすることが大切なんです。腸内環境が綺麗になればお通じがスッキリして便秘が解消されますので、お肌のハリが良くなります。ですから、便秘でニキビや吹き出物に悩んでいる方は乳酸菌を摂取するように心がけましょう。

血液がドロドロになる悪影響を防ぐ

上述したように便秘になると毒素や老廃物が血液に混ざり血液の流れが悪くなります。

ドロドロした血液では体に必要な栄養素や酸素の補給がスムーズにいかなくなりますので、様々な悪影響が出てきます。お肌の生まれ変わりを行うターンオーバーが正常に機能しないこともそうですが、冷え性にも大きく関係しています。

冷え性は血行不良により起こる女性に多いものですが、冷え性はむくみや下半身太りの原因ともなりますし、不眠症の原因にもなります。そのため、腸内環境が悪い方は様々な点で不調が出てくるんですね。

腸内環境が悪いと体に様々な悪影響を与えてしまうので、腸内環境を整えることが健康のために、綺麗になるために一番最初に重要な事とも言えます。ですから、綺麗になる事を目指すならまずはしっかり腸内環境から綺麗にすることを意識してみましょう。

コメントを残す