乳酸菌で口臭予防しよう【臭い口のニオイは便秘が原因】

2014y02m15d_025756264

「便秘になってから口臭が酷い・・」そんな悩みを持っている方はいませんか。それは腸内環境が悪化しているために口臭が酷くなっているんです。

便秘で口臭が酷くなる

便秘の状態では腸内に便が溜まります。

便が貯まると排出すべき便が腐敗化して悪玉菌が多く増殖して有毒ガスが発生します。その有毒ガスによってオナラが臭くなったりするのですが、有毒ガスによる影響はオナラや体臭がクサくなるだけではありません。口臭も酷くなります。

腐敗した便により発生する有毒ガスは腸壁から吸収され血中に混ざります。血中に混ざった有毒ガスは肺に入り酷い口臭となって出てくる訳です。口が臭いと悩んでいる方は腸内環境が悪化している事が原因である可能性がありますので、腸内環境を綺麗にしてお通じを良くする必要があります。

口臭予防にも乳酸菌

乳酸菌は内側から綺麗にしてくれる成分ですが、口臭予防にも良いです。

先ほど述べたように腸内環境が悪化して排便が溜まったり悪玉菌が増えたりすることで有毒ガスが発生して口臭が酷くなってしまう事がありますので、乳酸菌を利用して腸内環境をスッキリさせましょう。

乳酸菌は腸に届き、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれます。腸内を綺麗にしてくれる腸内細菌の働きも活発にしてくれ、お通じが良くなり嫌な有毒ガスの発生も防いでくれます。ですので、乳酸菌を摂取することで臭い口のニオイ予防にも繋がるのです。

腸内環境が問題で発生する口臭は一時的凌ぎの口臭サプリなどでは解消出来ません。腸内の問題により有毒ガスが発生しているため口臭サプリを飲んでも口の臭いニオイを消すことは出来ません。なので、腸内環境が悪く口が臭くなっている場合は乳酸菌を摂取するようにしましょう。

乳酸菌を摂取することで、有毒ガスによる臭いオナラのニオイや毛穴から排出される際に発生する体臭のニオイなども解消することが出来ます。腸内環境が悪くなるとさまざな部位から悪臭が発生してきますので、ニオイが気になりだしたら日頃より腸内環境のケアがしっかり出来ているかどうか確認しましょう。

コメントを残す