乳酸菌とオリゴ糖との関係性

2014y04m01d_211924871

乳酸菌とオリゴ糖は一緒に耳にする機会が多いと思いますが、今回はその両者の関係性について紹介させて頂きます。

乳酸菌とオリゴ糖

乳酸菌は腸内の整腸作用がある善玉菌の一つです。

乳酸菌が腸内に棲みつくことで腸内に有害物質を発生させている悪玉菌の役割を抑制して腸内から綺麗になることが期待出来るんです。

そしてオリゴ糖とは腸内の善玉菌の餌になる栄養素の一つです。

腸内に棲みつく乳酸菌は餌がなければ生き続けることは出来ませんし増殖することも出来ませんので、餌を与えてあげることが大切なんです。

そして乳酸菌の餌となるのがオリゴ糖なんです。乳酸菌の餌となるのはオリゴ糖以外には水溶性食物繊維もあります。これらが腸内に届くことで乳酸菌が元気に増殖して悪玉菌の割合を減らし善玉菌の割合を増やしてくれるんです。

オリゴ糖は主に玉ねぎ、キャベツ、ジャガイモ、大豆などの食品に多く含まれていますので、乳酸菌を摂取した後はオリゴ糖も摂取してあげると整腸効果がより高まります。

オリゴ糖だけでは駄目??

オリゴ糖は乳酸菌の餌となり乳酸菌の増殖に役立つ栄養素です。

そのため「一度乳酸菌を摂取してしまえば後は餌となるオリゴ糖のみ取れば良いのかな」と思ってしまいがちですが、決してそんなことはありません。

食品から摂取した乳酸菌のほとんどは腸内に棲みつくことなくすぐに死滅して外に排出されることになります。また、腸内に棲みつくことが出来てもあまり長く棲みつくことは出来ません。

そのため乳酸菌は継続的に摂取し続けることが大切なんです。

一度乳酸菌を摂取してしまえば、後は餌を与えてあげれば大丈夫ということではありませんので、腸内環境を綺麗にしていつまでも綺麗に健康的にいたいと願う方は継続的に乳酸菌を摂取するようにしましょうね。

便秘解消にはどちらが効果的??

便秘解消には乳酸菌、オリゴ糖どちらが効果的なのでしょうか。

答えは乳酸菌です。

オリゴ糖の主な役割は乳酸菌の餌となり乳酸菌が腸内で増殖していくための補助的な役割になりますので、まずは悪化している腸内環境を改善してくれる乳酸菌を腸内に届けてあげることが大切です。

そのため便秘に悩んでいる方はまずは乳酸菌を継続的に摂取するようにしましょう。そして補助的な意味合いでオリゴ糖をプラスして摂取してみるのが良いですよ。

コメントを残す