乳酸菌によるインフルエンザ予防効果の秘密とは??

2014y02m12d_192518123

インフルエンザが流行る時期になると乳酸菌が近年注目されるようになってきました。では、どうしてインフルエンザ予防に乳酸菌が推奨されるようになってきたのでしょうか。

乳酸菌でインフルエンザ予防??

インフルエンザ予防に乳酸菌が注目されています。

乳酸菌と言えば、腸内環境を整えてくれる整腸効果が有名なのですが、乳酸菌を摂取することでインフルエンザにかかりにくい体質を作ることが出来るようです。

そもそも乳酸菌は腸内に生きたまま届くことで腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らし腸内環境をスッキリ綺麗にしてくれるのです。そんな乳酸菌の整腸効果がインフルエンザ予防にも大きく関わっているんですよね。

腸内には体全体の8割の免疫細胞が存在します。そして免疫細胞を活性化させてくれるのが乳酸菌なんです。乳酸菌は免疫細胞を損傷させてしまう悪玉菌を減らし免疫細胞が活性しやすい環境を整えてくれるので、免疫力を高めることでインフルエンザ予防にも効果があると言われているわけです。

日頃から風邪を引きやすい方や何かしらの病気にかかりやすい方は免疫力が低下している傾向にあります。免疫力は、腸内環境とも大きく関わっていますので、体の不調を感じやすい方は乳酸菌を摂取して腸内環境を整え免疫細胞が正常に機能しやすい環境を作ることが大切です。

乳酸菌でインフルエンザ予防のために

乳酸菌でインフルエンザ予防するなら継続することが大切です。

乳酸菌は体内に蓄積し続けることは出来ません。なので、乳酸菌を日頃から継続して摂取し続けて免疫力を高めることが大切です。乳酸菌を一度に大量に摂取しても意味はありませんので、毎日継続して摂取し続けられるようにしましょう。

インフルエンザが流行る時期になるとヨーグルト関連商品がたくさん売れますが、ヨーグルトを毎日食べ続けるのは体に良くありません。実際「ヨーグルトを毎日食べ続けた方で腸相に良い方にあった事がない」と腸専門の医師が言っているとおり、ヨーグルトに偏ってしまっては良くありません。またヨーグルトを摂取し続けると太る、コレステロール値を上げてしまうことにも繋がるようです。ですので、乳酸菌を摂取し続ける場合は特定の食品に偏ってしまわいようにしましょう。

乳酸菌を摂る際は動物性乳酸菌の多い乳製品以外にも植物性乳酸菌が多い発酵食品もありますし、腸内まで届く効率の良い乳酸菌サプリメントもありますので、ヨーグルトに偏った方法ではなく様々な方法で毎日摂取し続けられるようにすることが大切です。

コメントを残す