乳酸菌による免疫力を高める効果

2014y04m02d_145507374

健康に良い乳酸菌は免疫力を高める効果もあります。今回は乳酸菌と免疫力の関係について紹介させて頂きます。

腸内環境が免疫力アップの鍵

腸内環境を整えることは大切です。

腸内には体の外から侵入してきた病原菌を退治してくれる免疫細胞が約6割~7割存在しているので、腸内環境を整えることが免疫力アップに繋がります。

腸内環境が綺麗な方は免役細胞が活性化され病原菌が体の中に侵入してきても免役細胞による防御機能で体に悪影響が出るのを防ぐことが出来るんです。

普段から風邪をひきやすい方は腸内環境の免役細胞の活性力が劣っている可能性が高いので、まずは免疫力を高めるためにも腸内環境を綺麗にしてみることが大切です。

乳酸菌が免疫力を高める

乳酸菌は免疫力を高める効果があります。

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす役割がありますので、乳酸菌を摂取することで腸内環境を綺麗にしてくれるんですよね。

乳酸菌を摂取して腸内環境が綺麗になれば腸内に存在している免疫細胞が活性化されて外部から侵入してきた病原菌にも迅速な対応がなされて病気の発症を防ぐことが出来ます。

また、病原菌を退治したり、感染してしまった細胞を死滅させたりする免疫細胞の防御機能を高める役割も乳酸菌にはあります。

免疫力は年齢とともに低下

免疫力は年齢とともにどんどん低下していきます。

若い頃は腸内の善玉菌の数が多く悪玉菌の数が少なく腸内環境が綺麗な状態なのですが、年齢とともに善玉菌の数が減っていき悪玉菌の数が増えていき免疫細胞の活性力もどんどん低下していき免疫力が下がっていくんです。

そのため年齢とともに善玉菌が減り免疫力が下がっていくのを防ぐためにも乳酸菌の摂取を意識的に行うことが大切です。

特に「最近風邪をひきやすくなった」という方は免疫力が下がり始めている可能性が高いので、乳酸菌によって免疫力を高めてあげましょう。インフルエンザやノロウイルス、食中毒が流行る時期なども免疫力を高めておくことが大切になってきますので、乳酸菌不足にならないように注意しましょうね。

コメントを残す