乳酸菌による虫歯予防・歯周病予防の効果

2014y04m02d_214131394

意外と感じる方も多いですが、乳酸菌には虫歯・歯周病の予防効果があります。今回は乳酸菌による虫歯・歯周病予防効果について紹介させて頂きます。

乳酸菌で虫歯予防

虫歯になる大きな原因はミュータンス菌です。

ミュータンス菌が食べ物から得られた糖分を分解させて酸を生成して歯が溶けて虫歯になるためにミュータンス菌の増殖を抑えることが虫歯予防には大切です。

実は腸内同様に口腔内にも善玉菌と悪玉菌が存在しています。もちろん虫歯の大きな原因となるミュータンス菌は悪玉菌にあたります。そしてその悪玉菌の働きを抑制して歯を虫歯から守ってくれるのが善玉菌である乳酸菌なんです。

「乳酸菌を摂取すると虫歯になる」と思っている方もいますが、それは間違いです。乳酸菌は摂取しても虫歯の原因にはなりません。

乳酸菌飲料やヨーグルトなどを食べると虫歯になる事が多いのは、乳酸菌が問題なのではなく糖分が多く含まれている事、粘着性が高い事自体が問題なんです。粘着性が高いために糖分が歯に残りやすくミュータンス菌により分解され酸が生成されて虫歯になりやすくなるんです。

そのため乳酸菌の摂取を控えるのではなく糖分の多い乳酸菌飲料やヨーグルトなどの摂取を控える事が大切なんです。乳酸菌自体は虫歯を予防する大切な善玉菌ですので、腸内だけではなく口腔内の環境改善にもプラスの効果が得られます。

乳酸菌による歯周病予防

乳酸菌は虫歯予防以外にも歯周病予防効果があります。

歯周病の原因となるジンジバリス菌を死滅さえる役割が乳酸菌にはありますので、歯周病予防のためにも乳酸菌を摂ることがオススメです。

また、乳酸菌は口腔内で善玉菌に当たり口腔内の環境を改善するため虫歯や歯周病を予防するだけではなく口臭を改善することにも繋がります。

虫歯の原因となるミュータンス菌や歯周病の原因となるジンジバリス菌は口腔内で悪臭を放ち口臭の原因となりますので、悪玉菌を減らし善玉菌の割合を増やす乳酸菌を摂取することで酷い口臭を改善することにもなるのです。

コメントを残す