乳酸菌による血糖値を下げる効果【糖尿病の予防】

2014y02m20d_213016405

乳酸菌による血糖値を抑える役割があるのをご存知でしょうか。血糖値の上昇が続けば生活習慣病の糖尿病になることもありますので、注意が必要です。

血糖値の上昇が起こる理由

そもそも血糖値とは血液中のブドウ糖濃度の事です。

砂糖の多い食品を口からたくさん摂取すれば血液中のブドウ糖が増えていきます。もちろんブドウ糖自体はエネルギーとなる重要な栄養素ですので、正常な濃度であれば全く問題ありません。

ただ、日常的に糖分の多い食事習慣を続けていれば血中のブドウ糖濃度が常に高い状態になり細胞への吸収が上手くいかなくなり血糖値がどんどん上昇していきインスリン注射が必要となる糖尿病となってしまうのです。

乳酸菌による血糖値抑制効果

乳酸菌は気になる血糖値を下げる効果があります。

乳酸菌は一般的に腸内環境を整えてくれる事で便秘を解消したり免疫力を高めたりすることで知られているのですが、血糖値を下げることにも効果があるんです。

血糖値が上昇するメカニズムは過剰な糖が吸収され血液中のブドウ糖濃度が高まる事ですので、糖の吸収を抑制することが血糖値を下げることに繋がります。そして乳酸菌には実は糖の吸収を抑制する役割があるのです。

血糖値の上昇に悩む方には乳酸菌

血糖値の上昇は生活習慣の問題、食事面の問題、ストレスの問題など様々あります。

それらの問題が腸内環境を悪化させて体内に不必要な糖分までもが吸収されて血中での濃度が高まり血糖値が上がることになります。

そのため血糖値の上昇に悩む方は、まずは不規則な生活を改めて食事面のバランスを整えたり、ストレスによる悩みを解消したりすることが求められます。それらの問題を改善することで血糖値の上昇を抑えることが期待出来るからです。

ですが、生活習慣を改善することは簡単な事ではありませんよね。

仕事の関係上やむを得なく不規則な生活をせざるを得ない方もいらっしゃいますので、そんな方々は気軽に取り組める乳酸菌の摂取を始めてみるのが良いでしょう。乳酸菌の摂取であれば生活スタイルを大きく変えることなく血糖値の抑制、糖尿病の予防をすることが期待出来ますからね。

コメントを残す