乳酸菌の冷え性改善効果【気を付けたい注意事項】

2014y02m13d_003036485

乳酸菌による冷え性改善効果について気になっている方は多いと思います。では本当に乳酸菌で冷えが解消されるのでしょうか。

冷え性は冬場も夏場も注意

冷え性になりやすいのは冬場だけではなく夏場も注意です。

冬は当然気温が下がりますので、体が末梢部位から冷えてしまい血流が悪く冷え性になる方が多いですが、夏場も実は要注意なんですよ。

夏場は冷たい飲み物や食べ物を口にすることが多いですし、冷房で体を冷やすことが多いために暑い夏場でも冷え性になりやすいんです。さらに夏場は水分不足により血流がドロドロして体のめぐりが悪化することで冷え性になることもあります。

なので、冷え性は季節に関係なく注意しましょう。季節の変わり目も急激な温度の変化から自律神経が乱れて血行が悪くなり冷え性に悩む事もありますからね。

乳酸菌の冷え性改善効果

乳酸菌は腸内環境を改善してくれます。

便秘が改善されると体内の毒素や老廃物が排出されるため、血流の悪化を招く毒素や老廃物の体内吸収を防止することが出来ます。また、体が欲している栄養素や酸素の吸収が上手くいき代謝が向上することで冷え性を改善することが期待出来るのです。

そのため、冷え性に悩む多くの女性も乳酸菌を摂取して腸内環境をスッキリさせてあげることが大切なんです。腸内環境を整えることは体の様々な不調を改善することに繋がると言われているのですが、その一つが冷え性なんですよね。

乳酸菌を摂取するときの注意

冷え性の原因に冷たい食べ物、飲み物があります。

乳酸菌が多いとされるヨーグルトですが、ヨーグルトは体を冷やす陰性の食べ物とされていますので、冷え性改善のためにヨーグルトを食べるのはあまりお勧め出来ません。

冷え性改善のために乳酸菌を摂取するなら体を冷やさないようにサプリメントで摂取するのがいいでしょう。その際は冷たい水ではなく白湯で飲むようにすると良いです。

また、食事から摂取する際は発酵食品から摂るのがお勧めです。体を冷やす食べ物ではない発酵食品であれば冷え性の方でも安心して食べることが出来ます。それに、発酵食品に含まれる乳酸菌は、植物性乳酸菌なので動物性乳酸菌に比べ比較的生きたまま腸内に届きやすいです。

コメントを残す