乳酸菌の過剰摂取は副作用の危険!?大量摂取したらどうなる??

2014y02m12d_195716182

乳酸菌は体に良い成分として有名なのですが、大量摂取した場合の副作用が心配な方も多いと思いますので、乳酸菌の過剰摂取について解説させていただきます。

乳酸菌の過剰摂取は危険!?

基本的に乳酸菌の過剰摂取に副作用の危険はありません。

乳酸菌を大量に摂取しても特に問題はありませんし、過剰に摂り過ぎた場合は体外から排出されるだけですので特別に意識する必要はありません。

そもそも乳酸菌は生きたまま腸に届くのが難しいです。乳酸菌は腸に届く前に胃や十二指腸の胃酸・胆汁によってほとんど死滅します。ですので、乳酸菌のほとんどは腸まで生きたまま届く事はないのです。ですから、大量摂取して少しでも多く腸に生きたまま届かせようとすることに問題はありません。どうせたくさん摂取してもほとんどが死滅してしまいますからね。だから、逆に乳酸菌を摂取する場合は多すぎるぐらいが丁度いいようです。

特に食事から摂取する場合、ほとんど胃酸・胆汁で死滅してしまうので、多すぎるぐらい乳酸菌を摂取した方が逆に良いのです。そうすることで乳酸菌を生きたまま腸内に届け乳酸菌による整腸効果を実感しやすくなります。

乳製品の摂り過ぎには注意

乳酸菌の大量摂取は問題ありません。

ですが、糖分が多く含まれる乳製品であるヨーグルトの大量摂取は体に良くありません。ヨーグルトには多くの糖分が含まれています。

ヨーグルトを取りすぎることで体重が増えたり、コレステロール値が上がったりすることがあります。ですので、乳酸菌はたくさん摂取しても問題ないからと言ってたくさんヨーグルトを過剰摂取してはいけないんです。

乳酸菌を食品から摂取する場合は、乳酸菌が含まれる食品の他の栄養素についても注意しましょう。乳酸菌が含まれる食品には当然ながら他の栄養素もたくさん含まれています。それらの栄養素は乳酸菌と違い、過剰摂取することで様々な弊害が出てくれる事もありますので、他の栄養素の過剰摂取にならないように注意が必要です。

また、乳酸菌を摂取する場合は食品から毎日摂取し続けるのは意外と難しいのでサプリメントという選択肢を利用するのがいいでしょう。サプリメントであればほかの栄養素の過剰摂取にならずに必要な乳酸菌のみを効率良くたくさん摂取することが出来ますので、乳酸菌効果を実感したい方にはサプリがお勧めです。

コメントを残す