乳酸菌はアレルギー・アトピー抑制効果あり!?

2014y02m12d_192156281

体の調子を整えるのに人気の成分乳酸菌ですが、アレルギー・アトピーにも効果があることが注目を集めています。では、どうして乳酸菌がアレルギー・アトピーに効くのでしょうか。

そもそもアレルギー反応って何??

まずはアレルギー反応について簡単に説明させていただきます。

アレルギーって実は日本人の3人に1人が何かしらのアレルギーを患っているようです。アレルギーにも様々あり代表的なのがアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、花粉アレルギー等ですね。

そんなアレルギーは実は腸内環境の悪化によりTh1細胞とTh2細胞のアンバランスな状態が関係しているんです。

そもそも人がアレルギー反応を起こすのは、アレルゲン物質に対しIgE抗体が過剰に作られるためです。IgE抗体はアレルゲン物質の侵入に対抗して体内で生成されるのですが、IgE抗体が過剰生成されてしまうとアレルギー反応が出てきます。そして、IgE抗体が過剰に生成されてしまうのはTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れ、IgE抗体を増やすのに寄与するTh2細胞が多くなっているためです。

アレルギー反応がない人であれば、Th1細胞とTh2細胞がバランス良く保たれており、アレルゲン物質が体内に侵入しても適度なIgE抗体のみが生成されます。ですが、アレルギー反応がある人は、Th1細胞が少なくTh2細胞が多くなりアレルゲン物質に対して過剰にIgE抗体が生成されてしまっているのです。

乳酸菌によるアレルギー・アトピー軽減効果

乳酸菌は腸内環境を調整する役割があります。

腸内環境の悪化によって引き起こされたTh1細胞とTh2細胞のアンバランスな状態が乳酸菌による整腸効果により解消され、アレルゲン物質に対し過剰なIgE抗体が生成されるのを防ぐ事が期待されています。

そのため、乳酸菌を摂取するようにしてからアレルギーやアトピーが解消されたとの声が多数報告されており、アレルギー・アトピー軽減のためにも乳酸菌を摂取することが良いとされています。

ただ、乳酸菌と言ってもヨーグルトやチーズなどの乳製品にアレルギー反応を持っている方もいらっしゃいますよね。そんな場合は乳製品に含まれる動物性乳酸菌ではなく発酵食品に含まれる植物性乳酸菌を摂取するようにすると良いですよ。味噌、醤油、ぬか漬け、キムチなどには植物性乳酸菌がたっぷり含まれています。

コメントを残す