乳酸菌は毎日摂取し続けないと意味がない

2014y02m13d_232157841

乳酸菌に関して効果を実感出来ない方は誤った摂取方法をとっている場合がありますので、注意が必要です。

乳酸菌に即効性はない

そもそも乳酸菌に即効性はありません。

乳酸菌が多く含まれる食品や乳酸菌サプリメントを大量に摂取したからと言ってすぐに腸内環境を改善して目に見えるような効果が出てくることはありません。

乳酸菌が腸に届くまでにはそれなりの時間がかかります。ですので、飲んですぐにスッキリするような即効性を期待してはいけません。それに乳酸が腸に生きたまま届くためには胃や十二指腸での胃酸や胆汁を通過しなければいけません。ほとんどの乳酸菌はそこで死滅してしまいます。なので、しっかり腸に届くまでの時間待つ必要があるんです。

乳酸菌は一時的ではなく毎日摂取すること

乳酸菌は一時的に摂取しても駄目です。

乳酸菌の効果に関心を持って乳酸菌の摂取を始める人の中には、数日で効果を求める方もいます。また、乳酸菌の効果を実感したら「乳酸菌が効いたんだ。じゃあもう飲まなくていいや。」と考えて乳酸菌を摂取するのをすぐに辞めてしまう方も多いです。

ですが、乳酸菌は体内に蓄積することは出来ませんし、体の中にいる善玉菌は悪玉菌に比べ弱いので、乳酸菌の摂取をやめてしまうと善玉菌はすぐに減り悪玉菌が増えて腸内環境が以前の状態に戻ってしまいます。なので、乳酸菌を摂取して効果を実感するためには継続して摂取することが大切なんですよ。

人の腸内には腸内を綺麗にしてくれる善玉菌と病気をもたらす悪玉菌が存在するのですが、善玉菌を増やすためには乳酸菌が必要ですし、悪玉菌によって腸内環境を悪化されるのを防ぐためにも絶えず乳酸菌が必要なんです。ですから毎日乳酸菌を摂取することが理想的なんです。

毎日摂取する際の注意

乳酸菌は毎日摂取することで効果が得られるのですが、ヨーグルトの過剰摂取には注意が必要です。乳酸菌と言えばヨーグルトをすぐに思い起こす方が多いですが、ヨーグルトを毎日摂取するのは良くありません。

ヨーグルトを摂取し過ぎると逆に体調を悪化させてしまいます。ヨーグルトを摂取しすぎることでコレステロール値を上げてしまったり、太ってしまったり、虫歯が出来やすくなったりすることがありますので、ヨーグルトばかり毎日食べ続けるのはお勧め出来ません。

コメントを残す