乳酸菌サプリで「生きたまま腸まで届く」を選ぶ意味とは??

2014y02m13d_232905404

乳酸菌サプリは様々な物が販売されていますが、その中でも「生きたまま腸まで届く」サプリが気になりますよね。果たしてどんな違いがあるのでしょうか。

乳酸のほとんどは腸に届く前に死滅する?

乳酸菌と聞くとヨーグルトを連想する方も多いですよね。

或いは発酵食品の納豆やキムチを思いつく方もいると思います。ですが、それらに含まれる乳酸菌はほとんど腸に届く前に死滅してしまうのです。なぜなら乳酸は腸に届く前に胃や十二指腸の胃酸や胆汁にやられてしまうからです。

乳酸菌を摂るためにヨーグルトを食べるのが良いと思っている方も多いですが、食品から摂った乳酸菌は生きたまま腸まで届くことはほとんどありません。また、サプリメントでさえ腸まで届くことなく死滅するサプリが多いのです。

乳酸菌が生きて腸まで届く意味は??

乳酸菌は生きたまま腸まで届いた方が良いです。

もちろん腸に届く前に死滅したからと言って摂取した乳酸菌が無駄になる訳ではありません。死滅してしまったとしても腸に棲み着いている乳酸菌の餌となりますし、悪玉菌が発生させている有害物質を緩和させる役割がありますので、決して無駄ではありません。ですが、やはり死滅してしまった乳酸菌よりも生きたままの乳酸菌の方が腸内環境を良くする点では優れています。

生きたまま腸まで届いた乳酸菌は、腸内に棲みつき善玉菌を増やし悪玉菌を減らして腸内環境を綺麗にしてくれる役割があります。また、腸内にいる免疫細胞を活性化させて病気になりにくい免疫力を高めてくれたり様々な効果を発揮してくれるのです。

乳酸菌サプリはやっぱり「生きたまま腸まで届く」を選ぼう

乳酸菌サプリメントを選ぶなら腸まで生きたまま届くサプリを選ぶのがいいでしょう。

胃酸で死滅してしまい腸に死滅の状態で届く乳酸菌よりも生きたまま腸内に届いてくれるサプリメントを摂取する方が腸内環境を綺麗にしてくれる効果を実感しやすいです。

それに、死滅してしまったまま腸内に届く乳酸菌であればわざわざサプリメントを選択する意味もあまりありませんので、乳酸菌サプリメント選びでは、腸に生きたまま届くのかどうかを意識して選んでみると良いですよ。

コメントを残す