便秘が原因となり眠れない不眠症

2014y04m04d_132502296

不眠症の原因は色々ありますが、その中の一つに便秘が上げれます。今回は便秘と眠れない不眠症について紹介させて頂きます。

眠れない原因は便秘!?

便秘が原因となり眠れない方は意外と多いです。

便秘になり自律神経が乱れて精神的な不眠症になる方、お腹の張りが気になり中々グッスリ眠れない方など便秘が原因で睡眠トラブルに多くの方が悩まされています。

便秘と睡眠はあまり関係ないように思えますが、便秘になると便が詰まった腸がリンパ菅や血管を圧迫して自律神経を乱したり、お腹の張りが強いストレスになったりして眠れない状態に陥ってしまうことがあるんです。

眠れない不眠症のタイプ

入眠障害
中途覚醒
早朝覚醒
熟眠障害

不眠症と言えば中々眠りに付くことが出来ない入眠障害ばかり注目されることが多いですが、実はそれだけが不眠症ではありません。

不眠症には夜中に目が覚めてしまう中途覚醒、早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒、睡眠時間は確保出来たはずなのにグッスリ眠れた感じがしない熟眠障害などの種類があります。

便秘による不眠症を改善する

便秘を解消

便秘が原因で不眠症になった方は便秘を解消しましょう。

便秘を解消することが一番大切な事ですので、まずは便秘を解消するための事をやってみてください。便秘を解消するためには腸内の環境を整えてくれる乳酸菌、便を柔らかくして外に押し出してくれる食物繊維、腸内の善玉菌の餌となるオリゴ糖などの有効成分を摂取して、腸のぜんどう運動を促すようにウォーキングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。

また、朝起きてすぐに水をコップ一杯飲むようにして朝食は出来るだけしっかり食べるようにしましょう。午前中は人間が体の中の余分な物を排出するのに最も適した時間帯になっていますので、朝起きて腸を刺激することが大切です。

就寝前にリラックスタイム

就寝前にリラックスすることも大切です。

便秘による不眠症は主に精神的な事が大きく影響していますので、入浴時にリラックス出来る半身浴をしてみたり、お風呂上がりにアロマを焚いて簡単なマッサージやストレッチをしてみたりしてください。そうすることで就寝前に心身ともにリラックス出来る状態になり睡眠の質が改善されます。

コメントを残す