便秘が1週間以上続いている場合の解消方法

2014y04m03d_220025195

便秘が1週間以上も続いてしまっている場合、どうしたら良いのか悩んでしまいますよね。そこで、便秘が1週間以上も続くとどうなるのか、解消方法はどうしたら良いのか紹介させて頂きます。

便秘が1週間以上も続くとどうなる??

体重が増える
肌荒れが起こる
体臭・口臭が気になり出す
激しい腹痛に襲われる
イライラしやすくなる
足がむくみやすくなる

実は便秘は上記のような症状を引き起こす事が多いです。

軽度の便秘であればほとんど症状が出てくることはありませんが、1週間以上も便秘の状態が続くと腸内に溜まった便により体重が増えたり、妊婦さんのようなお腹が大きく出てしまっているような形になることがあります。

便秘になると体の中の余分な脂肪や老廃物、水分が排出されないために体重が大きく増えてしまうこともあるんですよね。それに余分な物が体内に溜まった状態が続くために足がむくみやすくなったり、むくみから足が太って見えたりしてしまうこともあります。

また、腸内に溜まった便が腐敗して悪臭を放す有害物質が発生すると有害物質が腸から吸収され血液を辿り肺から口臭として外に放たれたり汗に交ざり体臭として排出されてりして悪臭を出してしまうことにもなります。

そのためにも出来るだけ便秘は早く解消させてあげましょう。

1週間以上の便秘解消方法

朝ごはんをしっかり食べる

午前中が一番大切です。

午前中は体が排出をするための最も適した時間帯のために朝はしっかりご飯を食べるようにしましょう。午前中に上手く便意を催すような乳酸菌や食物繊維が含まれる乳製品や果物、野菜を摂ることが大切です。

ウォーキング運動を行う

運動不足の方はしっかり運動を取り入れましょう。

運動をすることで腸が便を外に押し出すためのぜんどう運動を刺激することが出来るために運動不足の方はウォーキングなどの運動を始めてみましょう。

ウォーキングをすることで日々のストレスを解消しストレス性の便秘を解消することにも繋がりますので、腕を大きく振り少し歩幅を大きくとって体を大きく動かしてあげましょう。

もちろん水分補給はこまめにしてくださいね。水分を補給することは腸内の便を柔らかくして便意を催すためにも大切な事ですので、運動前、運動中、運動後などこまめに補給するようにしましょう。

コメントを残す