便秘になるとオナラが臭くなり回数も多くなる理由

2014y02m15d_031438815

便秘になり、「オナラが臭い」「おならをする回数が増えた」と悩んでいる方も多いと思います。では、どうして便秘になるとオナラが多くなり臭くなるのでしょうか。

便秘になるとオナラが臭くなる理由

便秘になると食べ物が腸に溜まります。

腸に溜まった食べ物は便として排出されず腸内で腐敗していきます。腐敗すると腸内環境が悪化して悪玉菌が増え有毒ガスが発生します。それらのガスがどんどん溜まり出てきたオナラが臭くなるのです。

本来オナラの大半は空気を食べ物や飲み物と一緒に摂取した事で発生するため、オナラは臭くはなりません。ですが、腸内で便がスムーズに行かず腐敗して有毒ガスが発生するとオナラが臭くなるんです。ですから、オナラの臭さを解消するためには便秘を解消する必要がありますし、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすためにも乳酸菌を摂取するようにした方が良いんです。

また、便秘の際には食物繊維を取ることが良いと言われますが、実は食物繊維を多く取ること自体も臭いオナラの原因になるのです。食物繊維は分解される時に二酸化炭素を排出するため、それが悪臭の原因になることもあります。もちろん食物繊維は便秘を解消するためにいいのですが、食物繊維を取りすぎるとそれ自体も臭いオナラの元になりますので、注意が必要かもしれません。

便秘になるとオナラの回数が増える理由

便秘になるとオナラが臭くなるだけではなく回数も増えます。

オナラは腸内にあるガスが肛門に押し流されることで発生するのですが、ガスは腸内に小さな塊となりオナラとなるケースはあまり多くありません。ですが、便秘になるとガスが増えガスの高まりも大きくなりコロコロに固まった便の間をくぐってオナラとして肛門から出てきやすくなるのです。ですから、便秘になるとオナラの回数自体も増えます。

注意すべき食べ物

オナラは食べ物や飲み物で空気も一緒に摂取してしまう事から起こります。ですので、腸内にガスが溜まりやすい食べ物や飲み物には注意するようにしましょう。

特に炭酸飲料、アメ、ガムは腸内にガスが溜まりやすい食品ですので、あまり取り過ぎないようにしましょうね。

また、食べ物の中でも肉はオナラが臭くなりやすいですし、腸内の悪玉菌を増やしやすいために肉類中心の偏った食事になっている方は注意しておきましょう。

コメントを残す