便秘により口臭がひどくなる【息が臭くなる理由】

2014y02m15d_031743841

便秘になると知らず知らずの内に口の息が臭くなっている事があります。では、どうして便秘になると口臭が酷くなるのでしょうか。

便秘と口臭の関係

便秘は口臭がひどくなる事がよくあります。

口臭はあまり自分では気づきにくいですが、他人はすぐに気づきます。自分では気づいていなくても彼氏(彼女)や友達、同僚口臭に不快感を与えてしまっている事もあります。

便秘の方も知らず知らずの内に口の息が臭くなり、周りの人達に嫌な思いをさせてしまっている可能性がありますので、自分の息について大丈夫かどうか確かめてみる必要があるかもしれません。

では、どうして便秘だと口臭が酷くなるのでしょうか。

その原因は、腸内から発生する有害物質によるガスが血中から肺に届き、息となって口から出てくるからです。人は口から酸素を吸収して口から二酸化炭素を排出するのですが、その際に肺から色々な物質も排出されているのですが、それらの中に腸内からやってきたガスも混ざっているんです。

便秘の方は腸内に便が溜まり、便が腐敗して悪玉菌が増殖して有毒物質から悪臭の原因となるガスが発生します。ガスは腸壁から吸収されて血中に混ざり体内をめぐる中で肺に届きます。その肺に届いた悪臭のガスが息と一緒に外に排出されることで口が臭くなります。なので、口臭が酷くならないためにも便秘は早期に対処するようにしましょう。

便秘は口臭だけではなく体臭も!?

便秘で臭くなるのは口の息だけではありません。

便秘により体臭も臭いくなります。腸内から血中に混ざった悪臭のガスは肺だけではなく毛穴から汗や皮脂となり排出されることもあるため、それが体臭の原因となるのです。

体臭も口臭同様に自分では中々気づきにくいために体臭により満員電車や狭い部屋などで周りの人に不快な思いをさせてしまっている事もありますので、口臭だけではなく体臭にも気をつけたいところです。

体臭の原因も口臭同様に便秘による腸内環境の悪化が原因ですので、便秘を解消して腸内環境を綺麗にしてあげることが大切です。

コメントを残す