便秘はウォーキングで解消【運動不足の方必見】

2014y02m15d_030851681

便秘には運動不足も大きく関わっていますので、運動をすることが大事です。その中でも気軽に出来るウォーキングの便秘解消効果について紹介させていただきます。

運動不足は便秘の原因

運動が出来ていない方は便秘になりやすいです。

運動不足の高齢者が便秘になりやすいのは、そのためなんです。また、女性は男性よりも比較的運動することが少ないですし、筋肉量も少ないために男性より女性の方が便秘になりやすいんです。

運動不足だと腹筋や腸周りの筋肉が衰えて腸の蠕動運動が機能せず排便がスムーズにいかなくなります。また、運動不足による骨盤のゆがみも便秘の原因になりますので、運動不足の方は運動をするようにしましょう。

ウォーキング運動がオススメ

便秘に悩んでいる方の運動としてウォーキングがオススメです。

ウォーキングは歩きながら腹筋を鍛えることが出来ますし、腸周りの筋肉にも刺激が行きますので、腸の蠕動運動を活発にしてくれる効果を期待出来ます。もちろんただ単にウォーキングしても効果が弱いため、背筋を伸ばし足幅を長くとり腕を前後に大きく振るようにしましょう。

背筋を伸ばすことで背筋が伸び、腹筋にも力が入ります。そうすることで腹筋、腸周りの筋肉を鍛えることが出来ます。また、足幅を大きく取ることで骨盤の歪みを解消することにつながりますので、いつものウォーキングよりも大きめに足幅を取るようにしましょう。

ウォーキング運動は激しい運動と違い有酸素運動ですので、運動不足を解消するとともに心身ともにリラックスさせてくれる効果もあります。ウォーキングで自律神経の副交感神経が優位に立ち腸にもいい影響が与えられますので、ストレスを抱えがちの方や自律神経が乱れがちの方もウォーキングをして心をリラックスさせてあげましょう。

ウォーキングは1日どのくらい??

ウォーキングは1日20~30分ほどで大丈夫です。

あまり最初から無理に飛ばす必要はありませんので、ウォーキングが終わった後に気持ちいいと思えるぐらいのペースで取り組みましょう。あまり無理をし過ぎると逆にストレスを溜めて便秘にもよくありませんので、無理のない程度にしましょうね。

また、ウォーキングを行う際は水分補給もしっかりしましょうね。適度な水分を体に取り込むことも便の排出を促すために必要ですので、水分不足にならないように注意しましょう。

コメントを残す