便秘解消のためには朝ごはんが欠かせない【朝食抜きを改善】

2014y02m15d_030719421

朝ごはんを食べていない方は結構いらっしゃいますよね。でも、朝ごはんは便秘を解消するためにとても欠かせないので、是非朝食抜きの生活を改善してみてください。

朝食により便秘解消

朝少しでも多く眠りたいために朝食を抜きにしている方が多いです。

また、ダイエットのために朝食を抜いてカロリーをカットしている方も多く見受けられます。ですが、朝食を抜きにする生活を送っていては朝食をしっかり食べている方よりも便秘になりやすいので、朝食はしっかり食べることをオススメします。

朝食を食べることで、胃が刺激され腸が大ぜん運動を起こします。腸の大ぜん運動により排便が行われ腸内がスッキリするのです。ですが、朝食を抜きにすると朝の排便が催されにくいために便が腸内に溜まり便秘になっていきます。ですので、朝食をしっかり摂って毎朝腸内をスッキリさせてあげましょうね。

朝食抜きはダイエットに逆効果

朝食を抜く目的がダイエットという方もいます。

ですが、朝食を抜くことはダイエットに逆効果です。なぜなら朝食を抜くことで昼や夜の摂取カロリーが必然的に増えてしまうからです。朝食をしっかり摂っていれば昼や夜に食べる量も適量で済みますが、朝食を摂っていない場合はどうしても昼や夜に食べる量が多くなりがちです。

夜に食べたものは比較的脂肪になりやすいです。朝に食べた物は1日のエネルギーに消費される傾向がありますが、夜食べた物はエネルギーではなく脂肪になりますので、朝食を抜きにして昼や夜に食べる量が多くなると太りやすくダイエットに逆効果なんです。ですから、出来れば朝食はしっかり摂る方が良いですね。

朝食を食べて熟睡

朝食を食べることは睡眠の質も高めてくれます。

朝食を食べることで体内のリズムが正常に働き夜になると眠気が催しグッスリ眠れるため朝も快適に起きれるようになります。

ですが、朝食を抜きにした場合は体内のリズムが狂い夜に眠気が催されず中々眠れなかったり、眠りの質が低下して朝目覚めた時も疲れが残っていたりして余計に起きにくくなります。ですから、睡眠の質を高めるためにも、1日の疲れを睡眠で回復するためにもしっかり朝食は摂った方が良いです。睡眠の質が低下すると肌荒れの原因にもなりますからね。

コメントを残す