動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

2014y01m04d_205351212

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。そこで今回は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌違いについて紹介させて頂きます。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

簡単に説明すると植物性乳酸菌の方がタフです。

動物性乳酸菌の代表的な食品と言えば乳製品ですよね。

動物性乳酸菌は乳糖の発酵により生成される菌ですが、基本的に他の菌との生存は出来ません。なので、動物性乳酸菌は他の菌との共存ではなく恵まれた環境下でしか生きることが出来ません。

一方植物性乳酸菌はキムチ、味噌、漬物などに含まれている乳酸菌です。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌のように乳糖の一種類だけではなくブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など複数の糖と関係しています。また、他の菌との生存が可能なために動物性乳酸菌と違って過酷な環境下でも生きることが出来る乳酸菌です。

植物乳酸菌は生きたまま腸内に届きやすい

植物性の方が腸内に生きたまま届きやすいです。

植物性乳酸菌は過酷な環境でも生きることが出来る乳酸菌ですので、胃酸による影響を動物性乳酸菌より受けにくく生きたまま腸内に届きやすいのです。

もちろん植物性乳酸菌を摂取すれば確実に生きた乳酸菌を腸内に棲みつかせることが出来るわけではありませんが、確率としては動物性乳酸菌よりも高いということです。

摂取するなら植物性乳酸菌??

摂取するのであればタフな植物性を選びたくなりますよね。

ですが、植物性乳酸菌ばかり摂取するよりも動物性乳酸菌、植物性乳酸菌をバランス良く摂取するのが一番良いです。

動物性乳酸菌は胃酸に弱く腸内に届く前に死滅してしまう可能性が高いですが、死滅してしまった動物性乳酸菌は腸内に届いた植物性乳酸菌の良い餌になり乳酸菌の増殖、善玉菌の増殖に大きな効果があるために動物性乳酸菌を摂取することも大切です。

そのため植物性乳酸菌の多い発酵食品だけではなく動物性乳酸菌の多い乳製品もバランス良く摂取するようにしましょうね。特に発酵食品には塩分が多い食品が多いために植物性乳酸菌を摂る際に塩分の過剰摂取にならないように注意しておきたいですね。

コメントを残す