善玉菌と悪玉菌の違いとは??

2014y04m04d_163623599

腸内に棲み付いている腸内細菌の善玉菌と悪玉菌は一体どんな違いがあるのでしょうか。善玉菌や悪玉菌の数が減ったり増えることでどんな事が起こるのでしょうか。

善玉菌と悪玉菌とは??

腸内には約100兆個もの細菌が棲みついています。

その細菌は主に善玉菌と悪玉菌に分けられることが多いです。厳密には善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3つに分かられるのですが、一番良く耳にするのは善玉菌と悪玉菌ですよね。

善玉菌と悪玉菌の大きな違いは文字通り良い働きをしてくれるのが善玉菌であり、悪い働きをしてしまうのが悪玉菌なんです。

善玉菌は腸内に侵入してきた病原菌を撃退したり免疫細胞を活性化させて免疫力を高めたり、体内の余分な老廃物を外に追い出してくれたり腸内を綺麗にしてくれる働きがあります。

逆に悪玉菌は善玉菌による病原菌の攻撃を邪魔したり、免疫力を低下させてしまったり、体の中の余分な老廃物を溜め込み便秘や下痢を引き起こしたりする働きがあるんです。

そのため健康的な状態を維持するためには悪玉菌の数を減らし善玉菌の数を増やすことが大切になってきます。ちなみに日和見菌は善玉菌でも悪玉菌でもない中間的な立ち位置の菌の事です。

善玉菌が増えるとどうなる??

免疫力が上がる
お通じが良くなる

善玉菌が増えると主に免疫力の向上、お通じの改善が期待出来ます。

善玉菌は外部から侵入してきた病原菌から体を守ってくれる免疫細胞を活性化させる役割がありますので、善玉菌を増やし免疫力をあげることで風邪をひきにくくなったり、病気になりにくくなったり、疲れにくくなったりします。

悪玉菌が増えるとどうなる??

免疫力が下がる
便秘・下痢になりやすい

悪玉菌が増えると健康には良くありません。

悪玉菌が増えることで有害物質により免疫細胞が損傷され免疫力が低下してしまいます。また、悪玉菌により腸のぜんどう運動が鈍り便秘がちの体質になったり逆に下痢をしたりお通じが乱れてしまいます。

善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

健康に生活するためには善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことが大切です。

悪玉菌は放置していても増えていくのですが、善玉菌は放置していてはどんどん減っていきます。善玉菌は年齢とともに減少していきますので、意識的に善玉菌の餌となる乳酸菌を摂取したり、直接腸内に棲みついてくれる腸内に届く乳酸菌を摂取するようにしましょう。

コメントを残す