善玉菌を増やす食べ物のまとめ

2014y04m04d_171311159

腸内を綺麗にしてくれる善玉菌を増やすためにはどんな食べ物を意識的に食べると良いのでしょうか。今回は善玉菌を増やす効果的な食べ物をまとめて紹介させて頂きます。

善玉菌を増やす食べ物

ヨーグルト

代表的なのがヨーグルトです。

ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれているために一度に多くの乳酸菌を効率的に摂取したい場合ヨーグルトが良いでしょう。

乳酸菌は腸内の善玉菌の一つですので、ヨーグルトを食べることで腸内の善玉菌を直接増やすことが出来ます。もちろん多くの乳酸菌は腸内に届く前に死滅してしまうのですが、腸内に届くことが出来れば腸内の正常化に大きく貢献してくれるんです。

また、死滅してしまった乳酸菌の腸内に棲みついている乳酸菌・善玉菌の餌となりますので、善玉菌を増やすことになります。

キムチ

キムチにも多くの乳酸菌が含まれています。

乳酸菌と言えば乳製品に多く含まれているイメージが強いですが、発酵食品にも多く含まれています。その中でもキムチにはたくさん植物性乳酸菌が含まれていますので、乳製品が嫌いな方はキムチを食べるようにすると良いですよ。

乳製品の動物性乳酸菌と違いキムチ、漬物、味噌汁のような発酵食品の植物性乳酸菌は腸内まで生きたまま届きやすいです。植物性乳酸菌は胃酸に強いために動物性乳酸菌よりも死滅しにくいんですよね。

バナナ

バナナにはオリゴ糖・食物繊維が多く含まれています。

オリゴ糖は善玉菌の餌となる栄養素ですので、オリゴ糖が多く含まれるバナナを食べることで腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことが出来ます。

また、食物繊維は腸内を酸性に傾け悪玉菌が棲みつきにくい環境にして悪玉菌を減らし善玉菌を増やす作用がありますので、オリゴ糖同様に善玉菌を増やす効果があります。

醤油による味付けの料理

醤油は大豆からできていますよね。

大豆を発酵させることで出来た醤油にも乳酸菌が含まれていますので、料理の味付けに醤油を利用することは善玉菌を増やすことに良いのです。

もちろん醤油は塩分の摂り過ぎになることがありますので、塩分控えめの醤油を利用するなど工夫が必要です。

コメントを残す